自動車保険の歴史

説明

自動車保険には100年の歴史があると言います。当時に比べて自動車保険のスタイルも様変わりし、自分で必要な補償を選んで契約できるようになっています。車両保険に関して迷われるケースが多いため、知識を持って選択しましょう。

詳細を確認する

保険料を抑えるため

最近サイクリングを趣味としている方が増えています。その際に必要な自転車保険の比較をしています。安心して楽しむためにも加入しませんか?

契約方法を考えよう

説明

自動車保険の契約方法には、代理店契約と通販型契約があります。 代理店契約とは従来の契約方法であり、ディーラー、整備工場、保険代理店などを介して契約する方法です。専門家に相談しながら契約ができるため、自分で自動車保険について詳しくなくても問題ありません。ただし、代理手数料がかかるので保険料は割高になります。 通販型契約とはダイレクト保険とも言いますが、保険会社とネットや電話などを介して直接契約する方法です。近年新しくできた契約方法で、利用者は増加していますが、自ら保険会社を選定し、また補償内容も組まなくてはならないので知識がないと難しいでしょう。しかし代理店を介さない分、保険料は安く済ませられます。

保険料を安くするには

自動車保険料を安い金額で抑えたいのなら、契約方法も重要ですが、それよりも補償内容に注目してみましょう。例えば限定特約を利用してみたり、車両保険の契約を工夫することで安い保険料に抑えることができます。 特約では、運転者限定特約を付けてみてください。運転者を自動車保険契約者のみに限定する、既婚者の場合は夫婦限定にする、子供が大きくなった場合は家族限定にするなど、保険適用者を限定させれば安い保険料で契約することが可能です。 また、車両保険は契約しなくても被害者へ迷惑がかかるわけではありませんので、契約しなくても構いません。もしくは車両保険で補填してもらう金額を抑えれば、その分、保険料も安い金額に抑えることができるでしょう。

自転車事故に備える

説明

自転車の利用が近年ブームとなっていますが、利用者が増えたことで自転車事故も急増しています。過失があった際の賠償額は自動車並みに高額になるため、自転車保険に加入することが大切です。

詳細を確認する

比較で良い契約を結ぶ

説明

自分自身におすすめの自動車保険はどのようなものなのかを考えますと、インターネット契約は安いが自分で色々と判断しなければなりません。方や従来型の自動車保険は決して安くはありませんが、保険会社(代理店)との距離感が近いです。

詳細を確認する